←ホームへは右上の[Home]アイコンを、戻るにはブラウザの「戻る」ボタンを、押して下さい。

AVサラウンドの核になるスピーカーを簡単に紹介します

フロントの左・右は 三菱電機ダイヤトーンの古いスピーカーです。

DS-1000C DIATONE 特徴
DS-1000C DIATONE メーカー画像
DS-1000C DIATONE メーカーF特性画像

1990年始め当時としては、珍しかったトールボーイタイプです。

このスピーカーが気に入って買ったわけではありません。

2chオーディオ用のスピーカーがDIATONE:DS-2000HRだったので

同系統の音色に合しただけです。

このスピーカーの低域再生範囲は広いです。(ウーファーを2個搭載しています)

その分、中低域にちょっと難癖のある再生音になってます。

SW LFEウーハとのクロスオーバー周波数の設定が鍵になります。

このスピーカーは、癖がありますが、気に入ってます

続く

作者に興味を持たれた方は、下記へメール下さい。

hishiyasanへメール