戻るにはブラウザの「戻る」ボタンを押してください。  ホームに戻るには、右上のHomeアイコンをクリックして下さい。

始めて買ったデジタルオシロスコープ HP/54111D

画像 アナログオシロスコープ2455Bの全体図

2009年4月2日デジタルオシロスコープ HP54111D(500MHz)他メーカープローブ1本付きを約3万円で購入しました。

英語のレンタルショップ Advanced Test Equipment Rentals : HP / Agilent 54111D のリンクです

HP / Agilent 54111D PDF 英文マニュアルのリンクです

A/D精度が7 bits/100 MHzしかない 8bitですと25.4mmの表示幅で0.1mmMAXの解像度と思って買いました。(線を引く時の鉛筆の芯の太さと思って下さい) 本体大きさは幅40cmあまり 覚悟の上でしたが、重量:28kgは予定外でした(笑)

早速波形観測してみました。動作状況は同期も安定しており、入力アンプの特性も良く、不良個所はありませんでした。2日間程度いろいろと触ってみました。

前所有者と同じ意見です。重たくて、大きい「じゃまになる」早速オークションにて約2.5万円で売却しました。授業料5千円(勉強代という意味)でプローブ250MHzの古い物(良品)が手元に残りました。

おやじの一言「レトロな54111D・自動測定実行:カチカチ(リレー接点音)・・暫く無音・・カチ・カチ・カチと音がして画面が表示されます。楽しいと言うか,ご苦労さんという感じ」

デジタルオシロスコープ(YOKOGAWA DL-1540 150 MHz)(*^_^*)

画像 デジタルオシロスコープDL-1540の全体図
画像 デジタルオシロスコープDL-1540の全体図

2009年4月5日 中古測定器のショップ(ヤフー店)で買いました。「FDD不良、他も不安あり」で26,595円(送料、消費税込)でした。フロッピィドライブ以外に特に問題になるような不良はありませんでした。

始めて触わってみた感想:いろんな波形で、デジタルオシロとアナログオシロを見比べていると、デジタルオシロはなかなか手ごわい・・・ 今自分が何を測定しようとしているかはっきり意識してないと何がなんだか解らないようになります。各チャンネルの入力電圧レンジにより波形が微妙に変化しない事を発見! それとNTSC (アナログテレビのビデオ信号) 同期が完璧です。

画像 デジタルオシロスコープDL-1540の全体図
画像 デジタルオシロスコープDL-1540の全体図

SONY 小型アナログテレビのビデオ出力信号の測定波形です。

「パソコン関係」→「ATX電源測定」にも測定波形が載ってます

続く

作者に興味を持たれた方は、下記へメール下さい。

hishiyasanへメール